プロフィール

mizutama

Author:mizutama
はじめまして
mizutamaです♡

みなさん、毎日を健やかに
過ごしていますか?
いつか見た夢に生きてますか?
アタシはいつだって笑顔です。
日々の億劫に負けないわよ!

ココにある私の全ては、綺麗な
ホントばかりじゃないかもしれ
ないけれど、ココにいる私は、
いつでも真っ直ぐに本気です。
私をもっと感じてみませんか?


いつか、コラム本やお勧め本、
を書いたり、何かを製作したり、
ショボくてもbrandを立ち上げ
たりしたい!なんて夢も・・・☆

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
友達の掟。恋人の定め。夫のポジ。
アタシは人とは少し変わっている。
それを前提に、ちょっと雑談です


{ 好きな人と結婚できると思う?思わない?

最近アタシの周りでは、この様な話が多く囁かれてます。
単純に、好きな人と付き合って結婚できればいいんです。
でも世の中って、みんながみんな、その手の幸せが必ず
手に入るわけではないんですよね。たぶん殆どが・・・ね

私は、私はだけどね、私は「好きな人とは結婚しない派」
なんだと思います。

私は一生仲良くしていたい人や、一生離れたくない人は
あえて『友達』になってしまう可能性が大きいんです。
意外とネガティブな私はつい、こう考えてしまうのよ。
 ●友達=永遠 ●恋人=短期
好きな人が出来て付き合っても、その恋はいつか終わる。
だったら好きな人と一生共にしたいから「友達」になろう。
そう思ってしまうの
なので少し損しているかもしれないね。
恋人と結婚して永遠に続くかもしれない縁を自ら断って
いるんだもん。だけど、それでも良いんです。

私は言う。『結婚する人と、恋愛をする人は別』だと。

"男は視覚で恋をする"と言う名言は今や
”女は視覚で恋をし、そして女は環境で家庭に入る"に
変わったと思うの。環境、すなわち譜面とリズム。

【恋】すなわち恋愛って言うのはドラマチックなもの。
私は見た目より性格!なんて言うのは奇麗事よ。実際。
まずは「目」に映る景色が一番。その景色が好きか否か。
そして話してみてイイ人か?恋愛はその2つ。単純なの。
それに恋愛は「している時の自分」揺れ動く心もまた、
もう1つのドラマでもあるから、楽しくて美しい
【結婚】と言うのは、人生。ドラマより生活。
バーチャルな妄想なんてしてはいられないのが事実。
キレイな結婚も、美しい思い出も、言葉にしても結婚
には似合わない。結婚は現実であり事実だから、似合わ
ないのも当然な話ね
自分が生きてきた「2×年」から寿命の「80年」の
約50年を生きて行くにあたり、格好イイだけの大好きな
彼にだけにずーっと恋をしながら生きてはいけないの。
考えの基準は、動物界も人間界も一緒
いかにタフに自分を、自分達(子供と親ね)を守り続けて
くれるかが重要。金銭面・健康面・向上心・思いやり・愛情、
自分の生きていく人生にはとっても重要な事であると思う。
そう
歩くリズムに合わなくては、一緒に暮らしてはいけない。
それに、リズムが合わないのにどっちかが頑張るのもダメ。
時々合わさる音符があるのなら良いけれど、ひとりで歩き
始めた時点、ひとりで音を外した時点で、1つが2つ(人)に
離れ離れになった証拠。そもそも音楽が、楽譜が違ったのだ。
例え、大好きな彼と永遠を共に出来たとしても、アタシには
正直無理な話。大好きな彼が旦那様になってしまったら、私、
24時間彼のことを考えて思いつめて、会社に行っても何を
していても想って願って、ノイローゼになっちゃうわ

「彼が好き。プーだけど私を一番愛してくれる彼が好き。」
そんなんじゃ、女が一生男を生かさなくてはいけない。
専業主夫は今や認められて来ている世の中ではあるけれど
その主夫って言うのは世間で言う主婦よりずっと主夫である
から出来ること。そもそも男女の役割を交換するなんて、
生半可な気持ちでは出来るものではない。交換できた人は、
よっぽどの努力と愛情と絆があってのこと。easyではない。
「大好きな人と結婚が出来なかった。」
それは、その人は恋愛相手で結婚相手ではなかっただけ。
大好きな人と過ごす24時間と言うのは意外と失望も多い。
いつまでも2人一緒に過ごす事はできなかったかもしれない
けれど、それは神様が、大好きな彼を一生好きでいさせる
ための至恋なんだと思うしかない。(至恋→恋の至る場所)
神様は思いやりがあってとても残酷なもの。
その胸の痛みは、アナタの恋心を永遠のものに変えて、いつ
までも美しく映してくれる。手に入らないんじゃ切なさも
募るってものだけど、手に入らなかったには理由があるのよ
と諦めるしかない。縁というのはどこにでもあるものじゃない。

彼(好きな人)は、彼。彼(旦那様)も彼。どちらも大切

好きだと言う気持ちは必要だけど、家族になる人に求める
愛情と、恋人に注ぐ愛は違う。これだけは事実だと思う。
すなわち恋愛と結婚、相手は一緒ではないと思う。
 ●恋に焦がれる、憧れの彼。 ●永遠を共に生きる、旦那。
言葉にしても、文字で書いても、違う形が浮かび上がる。
コトバにしても、ジにしても、違うからには意味がある。


追記
しかしながら、コイゴコロがないと人はダサくなってしまう。
TV俳優にでも誰でも良いから、ジャニーズに「ワーキャー」
言ってLIVEに行ったり、連ドラに釘付けになったり、たまに
ドキドキするのは必要だと思う
たまにオシャレして出かけたり、たまにメイクを変えてみたり、
そーゆのは生きていく上でずーっとしていきたいものだと思う。
【人はコイでキレイになれる】
恋心でキレイになる。ステキな言葉でキレイになれる。
それは恋人なら嬉しいし、旦那になら尚の事だと思うわ
スポンサーサイト
【2006/12/01 02:12】 | コラム | トラックバック(0) | コメント(1) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。