プロフィール

mizutama

Author:mizutama
はじめまして
mizutamaです♡

みなさん、毎日を健やかに
過ごしていますか?
いつか見た夢に生きてますか?
アタシはいつだって笑顔です。
日々の億劫に負けないわよ!

ココにある私の全ては、綺麗な
ホントばかりじゃないかもしれ
ないけれど、ココにいる私は、
いつでも真っ直ぐに本気です。
私をもっと感じてみませんか?


いつか、コラム本やお勧め本、
を書いたり、何かを製作したり、
ショボくてもbrandを立ち上げ
たりしたい!なんて夢も・・・☆

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
愛しはじめる男と女
『愛している』と言える人は素晴らしいと思う。
アタシにはとても言えない言葉であるから・・・。

好きだとか、愛しているとか言わないカップルは多いのかな?
好きだと告白するのは女の子が多いのかな?私から見たところ、女からのアイノコトバが過剰に多く見える。
アタシが学生の頃は、当たり前のように男から女に告白するのが多かった。例え女から告白しても「今、俺も同じ事を思っていた。俺から言わせてもらいたい。付き合おう」的な”男だからこそ、ここぞと言う時には自分から”って人が多かった。10年も経てば、もう昔の話なのかもしれないけれど。
私は、そう言う世の中に生きていたので、相手が自分を好きだと分かって、自分もその人の事を好きだと思ったら、とても早いスピードで恋は愛に発展して行ったものだった。自分から何もしなくても、愛情さえあれば、相手の気持ち次第でスグに恋は落ちるものなのだ

ふと現在の我に返り、今の現状を見ると、ガッカリしちゃう
「女だからって」「男だからって」って強要するわけじゃないし、誰でも、いくらでも、何でも言えば良いって訳ではないけれど・・・、やっぱり肝心なところでは男がしっかりして欲しいと思うし、相手が元気な快活な女の子だとしても、いざと言う時は受身の態勢にしてあげて欲しいと思う
ストーカーのような粘り強さは必要ないけれど、やっぱり男と女は全くの平等でも何でもないし、それなりの役割もあると思う。それがあるから上手く行くんだとも思う

アタシが住む恋する惑星には”気になっているのに電話がかけれない”とか”好きなのに相手の反応がイマイチわからない”とか”こっちからグングン電話しちゃって、張り切っていると思われたくない”など、日々そわそわと悩んでいる人が多いです。そーゆーのを見ていると、やっぱり女から告るのが多くなったし、積極的なのも、電話番号を聞くのも、女の子からの方が多くなったと実感しちゃいます。
---それ、今日から辞めません??
みんながみんなではナイって事は重々承知の上だけど、なんか「男→誠意・女→尽す」ってイメージだったのが、告るのも、好きだと言うのも、何かを行動に起すのも、ズレた距離に気付いて歩み寄るのも、ぜーんぶ女からって感じがするの。肝心な「男故の男な部分」が抜けていると思うのよ。
やっぱり押しの強さも、愛情表現も、いざと言う場面の力強さや態度、レディーファーストなんかも全て、全部オトコだから出来る事だと思うのね。

本当に弱い女はいないし、本当に強い男もいないのは分かっている。大半は「振り」をしているって事も分かっている。でも、その演技や嘘は時に必ず必要で、それに乗ってあげる寛大さもお互いに必要だと思う。でも、お互いを知っていればいるこそ、強がっている彼を「頑張っているなぁ」と思えるし、弱い振りをしている彼女を「可愛い」と思えるはず。分かり合えるはず。

男尊女卑なんて、あって当たり前
そもそも生まれた時から、カラダもチカラも持っているものも違うんだから当たり前それを知りつつ、騙し騙されより良い環境を作っていくものだと思うの。それは「尊重」にも繋がるとも思うし、「愛情」にも繋がっていると思う
だからこそ今一度、力強く逞しく、頼りがいのある、本来の理想の男像に生まれ変わってもらいたいと思うのです誰も気付かない、ほんの少しに気を掛けて欲しい。守ってあげて欲しい。おしゃべりでよく動く唇の弱さにも、いつか気付いてあげて欲しいと思うの
それは正直、アタシの希望でもあり理想論、だけどね
もちろん女性陣も同じく今まで以上の努力は必要。口ばかりで何も出来ない人が多すぎるのも事実 アタシも女として、もっともっと女度をupさせて、もっともっと自分を磨いて行きたいと思います




スポンサーサイト
【2006/09/24 02:58】 | コラム | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<牛小屋のアイス | ホーム | ラブガード ~勘違い偏~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mztmpink.blog74.fc2.com/tb.php/19-043b876b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。